妊娠出産私の場合 帝王切開体験記 入院4日目 出産後2日目 その2

ウィメンズパーク-ベネッセ-

2006年07月24日 [投稿日]

入院4日目 出産後2日目 その2

2005年12月18日(日)

12時半頃、両親がお見舞いに来ました。
一瞬にして部屋の空気が変わりました。
何となく重い雰囲気になったような気がします。
それは、2003年の冬のことがよみがえってきたからです。

私は、2003年3月に海外挙式をしたのですが、
海外挙式を反対され、父親のその時の言葉に傷ついてから、
私はずっと両親との連絡を絶っていました。

妊娠してから、周りの人達に早く両親に知らせるようにと急かされても、
電話する気になれず、気がつけば臨月を迎えていました。
このままではいけないと思いつつも、電話することができなかったのです。

そんな中、帝王切開手術が決まりました。
いつ出産するかわからない状態から、
12月16日に出産と確定したことで、
恐怖心や不安感が何だか前より増してきました。

心の中で、踏み出せないのなら、
産後、両親に報告してもいいかと思っていた私でしたが、
「万が一、手術が失敗したら、両親と和解しないまま、
私の人生が終わってしまうかもしれない。
そんなのでいいの?」
と何度も自問自答し、電話することを決意しました。
そして、12月12日の月曜日に電話し、
今、妊娠していて臨月であることと
予定帝王切開手術で16日に出産することを告げたのでした。

そして、出産日は自営をしているので、
両親は立ち会えなかったのですが、こうしてお見舞いに来てくれたのです。
NOVは、両親に挨拶をすると部屋から出て行きました。
その間、話をしましたが、私も両親も何となくぎこちない感じでした。

少しして、NOVが赤ちゃんを連れてきてくれました。
NOVが部屋を出たのは、居心地が悪いからかと思いましたが、
赤ちゃんを連れてくるためだったんだなぁ・・・。
両親は、「小さくてかわいいね~」と目を細めていました。

NOVが「抱っこしてあげてください」と言うと、
「小さくて壊れそうで、こわくて抱っこできない」と言い、
二人とも抱っこはしませんでした。
でも、初孫に会えてうれしそうでした。
ミルクを飲む時間ということで、12時45分頃、赤ちゃんは退室し、
両親も13時過ぎに帰りました。

短い時間でしたが、両親に初孫の顔を見せてあげれたり、
ぎこちなかったけど、両親と久しぶりに再会できてよかったです。

トップページ



« 入院4日目 出産後2日目 その1 | トップページ | 入院4日目 出産後2日目 その3 »




ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ
↑私も資料請求して無料でもらいました♪(*^▽^*)