子どもと育つ‐私達の子育て奮闘記 - 母乳 母乳で育てる


[最終更新日]2006年10月10日

母乳で育てる

もうすぐ息子は生後10カ月。あと67日で1歳の誕生日を迎えます。
今までの息子との日々を思い起こすと、涙が出てきそう・・・。
育児がつらいとかじゃなくて、よくここまで成長してくれたと感激してしまうのです。

私達夫婦は、息子が生まれる前から、これから育児をする上で決めていたことがありました。
それは、息子が1歳になるまで完全母乳で育てることです。

母子健康手帳には、3カ月健診の項目に『薄めた果汁やスープを飲ませていますか。
(5カ月頃から離乳が始められます。)』と書かれています。
このように3カ月頃から薄めた果汁やスープで母乳やミルク以外の味に慣らしていき、
5カ月頃から離乳食を始めるというのが標準的な離乳食の流れです。

それなのに、なぜ離乳食を遅らせているかと言うと、
出産前に読んだ赤ちゃんの生命のきまりに感銘を受けたからです。
この本を読むまでは、母乳の大切さは何となく妊婦教室などで教えてもらって知っていましたが、
それよりも「粉ミルクは高い、母乳の方が経済的だ」ということで、
母乳で育てたいと思っていました。(苦笑)

でも、この本に出会ってから経済的うんぬんではなく、
赤ちゃんのために母乳で育てたいという気持ちが強くなりました。
また私自身がアレルギー体質なこともあって、
早期離乳による食物アレルギーのリスクを少しでも減らしたいと思ったからです。

1歳になるまで母乳だけで育てても大丈夫だろうかという不安はありましたが、
この本の中には、実際に1歳2カ月まで
母乳だけで健やかに育った赤ちゃんの写真が掲載されていて、
その写真が私の不安を吹き飛ばしてくれました。

実際息子もこの写真の赤ちゃんのように健やかに育っています。
先月息子は9カ月健診を受けましたが、何の異常もなく順調に育っているとのことでした。

今後、私達夫婦の母乳育児について書いていきたいと思っているのですが、
これから書いていくことは、あくまでも私達夫婦の体験談です。
離乳を遅らせることを推奨したり、早期離乳を批判しているわけではありませんので、
そのへんを理解して読んでいただけるとうれしいです。




« 箱ティッシュ | メイン | 育児グループに参加してきました。 »

母乳の記事一覧