子どもと育つ‐私達の子育て奮闘記 - 母乳 完全母乳への道:ギャップ


[最終更新日]2007年02月20日

完全母乳への道:ギャップ

1歳まで完全母乳で育てると妊娠中から強い決意を持って、
出産に臨(のぞ)んだのですが、最初のころは思うようにいきませんでした。

まず、出産後すぐに赤ちゃんを抱っこして乳首をくわえさせたいと思っていたのに、
帝王切開手術だったため、一瞬、胸の近くに赤ちゃんを連れてきてもらっただけで、
すぐに麻酔で眠ることになりました。

私は、ユニセフとWHOの共同宣言の母乳育児成功のための10ヵ条というのを
出産前に読んでいました。


母乳育児成功のための10ヵ条

1. 母乳育児についての基本方針を文書にし、関係するすべての保健医療スタッフに周知徹底しましょう

2. この方針を実践する為に必要な技能を、すべての関係する保健医療スタッフにトレーニングしましょう

3. 妊娠した女性すべてに母乳育児の利点とその方法に関する情報を提供しましょう

4. 産後30分以内に母乳育児が開始できるよう、母親を援助しましょう

5. 母親に母乳育児のやり方を教え、母と子が離れることが避けられない場合でも母乳分泌を維持できるような方法を教えましょう

6. 医学的に必要でない限り、新生児には母乳以外の栄養や水分を与えないようにしましょう

7. 母親と赤ちゃんが一緒にいられるように、終日、母子同室を実施しましょう

8. 赤ちゃんが欲しがるときに欲しがるだけの授乳を勧めましょう

9. 母乳で育てられている赤ちゃんに人工乳首やおしゃぶりを与えないようにしましょう

10. 母乳育児を支援するグループ作りを後援し、産科施設の退院時に母親に紹介しましょう

(WHO/UNICEF: the Ten Steps to Successful Breastfeeding,1989)

その中の

4. 産後30分以内に母乳育児が開始できるよう、母親を援助しましょう

で産後30分以内が重要でこれを逃すと母乳育児ができないと思い込んでいたので、
すぐに麻酔で眠ることになって、かなりショックを受けました。。

そして、

6. 医学的に必要でない限り、新生児には母乳以外の栄養や水分を与えないようにしましょう

を読んでいたので、母乳以外のものはあげたくないと思っていました。
でも、実際産院では、まずブドウ糖、その後は粉ミルクを与えられていました(>_<)

産後は、寝たきりで思うように動けないし、
母乳も最初は思うように出なかったし、助産師さんのおっぱいマッサージはすごく痛いし、
簡単に考えていたけど、母乳育児ってすごく大変なんだと気づきました。




« 今年もよろしくお願いします! | メイン | 児童館 »

母乳の記事一覧