子どもと育つ‐私達の子育て奮闘記 - 断乳・卒乳の話 断乳か卒乳か……。


[最終更新日]2008年01月04日

断乳か卒乳か……。

今年の2月中旬から仕事復帰をすることになり、今日は保育園の入園申請の書類を書きました。
来週提出しようかと思っていますが、なんせ私が希望している保育園は待機児童が多く、
入れる可能性は低いのが現状(^^;
4月には確実に入れるとは思いますが、それより早く入れたらいいなぁ。

保育園の書類を書いたら、いよいよ仕事復帰かぁと思い、
少しずつ仕事復帰に向けての準備をはじめていかなければという気持ちになりました。
実際は、復帰するまで仕事をすることはないので、仕事以外のことがメイン。
生活のリズムを整えたり、保育園入園に向けての準備をしたり、そんな感じです。

約2年間仕事を離れていたので、ちゃんと務まるんだろうかと不安ですが、
それと同じぐらい心配に思っていることがあります。

それは、授乳のこと。

息子は、産院にいた頃は粉ミルクをあげていた時期がありますが、
退院してからは完全母乳で育ててきました。
離乳食もこだわりがあって生後11カ月頃からはじめ、
その間も授乳はやめませんでした。

おっぱいを当たり前のように飲み続けた息子。それは私達親子にとってとても自然なことでした。
私は、息子のおっぱいを飲んでいる時の幸せそうな顔をみるたびに癒されています。
だから、息子がおっぱいを飲むのをやめる(卒乳)まで母乳育児を続けようと思っていました。

しかし、思ったよりも早く仕事復帰することになり、
だんだんと卒乳ではなく、断乳にした方がいいのではないかと思うようになりました。
仕事中おっぱいが張って乳腺炎になるかもしれないし、
息子も保育園ではおっぱいが飲めないので、お互い困るかもしれないから。

そして、今日、いきなり断乳しようと試みました。

いつも寝る前は、おっぱいが欠かせない息子。
でも、今日のお昼はおっぱいを飲まなくても寝てしまいました。
「おっぱいがなくても寝れるんだ」
そう思った私は、ふと断乳できるかもと思ったのです。

そこで、昼寝から起きた息子に「おっぱい、バイバイする?」と聞いてみました。
息子は、バイバイだけ認識したようで、手をバイバイと振りました。
「わかってくれたんだ」とほっとしたのもつかの間、すぐに私の服をぐいっと引っ張り、
おっぱいを出そうとしました。

私は、「ジュース飲もうか?」とか「お出かけしようか?」と
息子がおっぱいから気をそらすように努めました。
息子が昼寝から目覚めてから、ずっとこんな感じで授乳しないように心がけました。

でも、今まで普通にあげていたのに、いきなり断乳したら、
おっぱいが腫れるなどトラブルがあるだろうし、息子もショックが大きい。
私にとっても息子にとってもいい方法ではないような気がしたので、20時前に授乳しました。
すると息子は安心したのか、授乳後すぐ寝ました。

いろいろ考えたのですが、仕事復帰まで1カ月ちょっとあるので、
まず、少しずつ飲む量を減らしていき、最終的に夜一回の授乳でOKな状態にしていき、
その後、断乳したいと思います。

基本的には断乳をするつもりですが、できれば卒乳に近い断乳が理想。
今日、ネットで断乳や卒乳に関するページを読んだのですが、号泣してしまいました。
息子が新生児の時もネットでいろんな断乳や卒乳のページを読んで泣きました。

いつかおっぱいをやめる日がくる。

わかっていてもつらいですね。私達親子もおっぱいをやめる日が近づいてきました。
さみしくなるけど、これからも息子といい関係を築いていければいいな。
息子を愛情いっぱいに育てていきたいです。




« 育児休業短縮 | メイン | 認可外保育園(無認可保育園)の見学 »

断乳・卒乳の話の記事一覧