子どもと育つ‐私達の子育て奮闘記 - 断乳・卒乳の話 断乳一日目


[最終更新日]2008年09月07日

断乳一日目

8月31日から断乳を決意し、ついに断乳しました。
前日の30日の夜、おっぱいなしでも眠った息子。
そういう日は、これまでも時々あったけど、
この日は、「今なら断乳できる」と直感したので、断乳を決意しました。

できれば卒乳したいと思って、2歳8カ月になってもほしがる時に授乳していた私。
でも、仕事復帰してから正直、授乳がつらいと感じることが増えてきました。
朝方、目覚まし時計が鳴る前に、息子がむくっと起きて私の服をはぐりおっぱいを飲む。

毎朝、または夜中の授乳は、仕事をしているとつらい。
育児休業中なら、息子と一緒に昼寝をすれば大丈夫だったけど、
さすがに仕事中は寝れないですからね。

8月30日の夜、いきなり断乳をすることを決め、
31日は泣いてもたたかれてもおっぱいをあげませんでした。
そうするとおっぱいがかたくなってきたので、夜はシップをすることに。

すると、息子は私が怪我をしたと思ったみたいで、
私が「痛い、痛いんよ」と言うと、「いたい、いたい」と一緒に言ってくれ、
シップした部分をさすってくれました。
31日の夜は、おっぱいをあげなくても、比較的寝つきがよかったです。




« 認可外保育園(無認可保育園)から認可保育園へ転園 | メイン | 断乳二日目、そして断乳三日目。 »

断乳・卒乳の話の記事一覧